LAB SERIES(アラミス ラボシリーズ)

【口コミ】アラミスラボシリーズ マルチアクションフェースウォッシュ(洗顔)を使ってレビューしました!

アラミスラボシリーズ マルチアクションフェースウォッシュを使ってのレビュー!

今回はメンズ用高級化粧品のパイオニア的存在でもある、アラミスラボシリーズのマルチアクションフェースウォッシュ (洗顔)を使用してみましたのでレビューをしていきます。

【元化粧品メーカー社員が選ぶ!】オススメ!メンズコスメ総合ランキング(男性用スキンケア)オススメ!メンズコスメ総合ランキング! こちらでは男性用化粧品、いわゆるメンズコスメを各カテゴリーに分けてオススメの総合ランキングを作...

アラミスラボシリーズとは?

アラミスは女性用高級化粧品であるエスティー・ローダーグループのブランドになりますが、1964年にミセス エスティー・ローダーが夫のジョセフ・ローダーに向けて「もっと素敵になって欲しい」という想いから開発・誕生しました。

男性特有の肌悩みとライフスタイルを徹底的に研究し1987年に今回ご紹介する「ラボシリーズ」が誕生します。ラボシリーズのリサーチセンターでは皮膚科医、科学者、スキンケアスペシャリストの精鋭チームが確かな効果を実感できるスキンケア、ヘアケア、ボディケアの開発を行なっています。

2001年に「エイジレスキュー」は年齢を重ねた肌向けのシリーズを開発し、2006年に洗顔料「マルチアクション フェースウォッシュ」と化粧水「ウォーター ローション」を加えた「3ステップ」のシンプルなスキンケアを提案し、現在はあらゆる肌状態の男性に対応できる豊富なラインナップを揃えています。

アラミス ラボシリーズの魅力は、エスティーローダーグループが開発している点と、他のブランドよりも歴史が長く男性の肌を知り尽くしている点です。

シェーブ製品一つを取ってもシェービング方法に合わせた豊富なラインナップが揃っており、男性の肌質に合わせた基本ケアの「洗顔」、「化粧水」、「乳液」、「美容液」「クリーム」が理想的な健康肌を保つサポートをしてくれます。

また、エイジングに特化したシリーズや目元専用クリーム、テカり防止の部分用トリートメント、BBクリーム(肌色のついた日焼け止め)、男性の肌用に開発されたコットンなど他のメンズ用化粧品ブランドでは見つからないアイテムを揃えているのもアラミス ラボシリーズならではの魅力です。

アラミス ラボシリーズには基本のシリーズに加えて1020代向けの「プロLS」とエイジングケア(年齢に応じたケア)の「マックスLS」があるので年齢に合わせたケアができるのも嬉しいところです。

エイジングケア用の「マックス LS」ではメテオライト(隕石)を配合した最高峰のシリーズがあります。男性用化粧品の中でもかなり高級なシリーズになりますが、興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。

他にも、男性の髪と頭皮のためのエイジングケアに特化したヘアケアや毎日のグルーミングをサポートするボディケアなど男性の身だしなみに使う全てが揃っています

アラミス ラボ シリーズの中でもエイジングケアの「エイジ R+」にはGアクション(ジンセン保湿成分)が配合されています。ジンセンは朝鮮人参のことで活力を与えるハーブとしても有名です。

また、ベストセラーの「ウオーター ローション RE」にはガラクトアラビナン・グリセリンなどの保湿成分からなるテクノロジー「ハイドラ2G テクノロジー」が肌に必要な水分を与えてうるおいをキープします。

アラミスラボシリーズは男性特有の「オイリー」「水分量が少ない」「肌が厚くダメージを受けると深いシワ・シミができやすい」「シェービングのダメージ」に向き合った「ハイテク」「高機能」「確かな効果」でいつまでも健やかで若々しくいたい男性の肌をサポートします

アラミスラボシリーズ マルチアクションフェースウォッシュの商品情報

では、商品情報になります。

商品名 アラミスラボシリーズ マルチアクションフェースウォッシュ(洗顔料)
価格 定価:3,800円(税別)
容量 100ml
おススメの肌タイプ 脂性肌、混合肌、普通肌、乾燥肌
容器タイプ チューブ型
販売元 ELCジャパン株式会社
生産国 ベルギー
主な販売店 通販、百貨店など
全成分 水・ミリスチン酸・グリセリン・シリカ・ベヘン酸・ココイルメチルタウリンNa・パルミチン酸・BG・水酸化K・ラウリン酸・ステアリン酸・ジステアリン酸PEG-3・ヒドロキシエチルセルロース・カプリリルグリコール・EDTA-2Na・アセチルグルコサミン・パンテノール・メントール・パンテチン・カミツレ油・酢酸トコフェロール・ヘキシレングリコール・ハッカ油・ガラクトアラビナン・緑201・フェノキシエタノール・デヒドロ酢酸・ソルビン酸 <JILN7569>

※ 商品の改良等により成分や表示内容が変更になる場合があります。

マルチアクションフェースウォッシュの特徴

1:健康的に輝く肌へ導く、リッチな泡立ちのスクラブ洗顔フォーム。

2:3つの効果(明るく清潔な肌、古い角質を取り除きなめらかな肌、ヒゲの剃りやすい肌)で健やかな肌へ洗い上げます。

アラミスラボシリーズ マルチアクションフェースウォッシュの使用方法

アラミスラボシリーズ マルチアクションフェースウォッシュの使用方法になります。

~使用方法~

1:まずはぬるま湯で手と顔全体と軽く濡らしてください。

2:チューブから1cmほどの洗顔料をとって手のひらにのせます。

3:少しづつぬるま湯を加えながら空気を含ませてゆっくりと泡立ててください。(泡立てネットを使うと楽です。)

4:Tゾーン(鼻・額)、Uゾーン(頬・あご)、目元、口元の順に、肌の上で泡をころがすように指の腹で優しく洗います。

5:洗顔料が残らないよう、泡をしっかりとすすいで終了です。

※洗顔での注意点

洗う際は手のひらでこすらないように、泡で洗うように注意してください。

また洗い流すときは、余計な乾燥を防ぐために、体温以下のぬるま湯もしくは水で洗い流すように注意しましょう!

アラミスラボシリーズ マルチアクションフェースウォッシュを使ってみました!

では、実際に購入してみましたので、レビューしていきます。

アラミスラボシリーズ マルチアクションフェースウォッシュのパッケージ

パッケージはチューブ型で、ホワイトの容器とブラックのキャップがシンプルかつカッコイイですね。

現品はワンタッチ式になっていて使い易いのもポイントですね!

※写真はトライアル品です。

剤形は、フォームタイプです。顆粒状のスクラブが入っているので粒々が見えます。

では、次に泡立ちの検証をしていきたいと思います。

アラミスラボシリーズ マルチアクションフェースウォッシュの泡立ち

では、泡立ちを検証します!

泡立ては基本的に泡立てネットを使用します。

簡単に濃密な泡ができるので、使っていない方はぜひ使用してください。

ドラックストアやネットで安く売ってますので、オススメです。

ではまずは、1cmぐらいを取り出して、泡立てネットの内側に入れてから、少しぬるま湯を加えて泡立てていきます。

ひたすら、洗顔ネットをモミモミし、泡立ちが確認出来たら、洗顔ネットから搾り取るだけです。

じゃん!

かなりの量の泡が簡単にできました。

密度が濃く、クリーミーで優しい泡です。

色々と試していますけど。正直かなり質が高い泡で少し感動を覚えました。笑

香りはスッキリとしたクールな香りがしますが、キツすぎないので心地よいです。

では顔に乗せていきましょう。

今回は泡の量を確認するために全体に乗せていますが、基本的には額、両頬、鼻、顎の5ヵ所を意識して乗せて馴染ませます。

大量の泡なので顔が全て覆われてしまいますね。笑

泡が全く潰れず、顔に吸い付いています。クリーミー過ぎてパイを塗ってる感覚になります。笑

指の腹で優しくなじませて、ぬるま湯で洗い落とします。

洗い上りですが、非常にさっぱりしていて皮脂やベタつきもしっかり落ちていました。

スクラブが入っているので、肌磨きもできますし、刺激もほとんど感じなかったので、さすがアラミスだと思いますね!

後は、しっかり保湿をしないと肌を守るために余計に皮脂の分泌が促進されて、テカリの原因になりますので要注意ですので、化粧水やオールインワンなどで保湿しましょう。

では評価をしていきます。

アラミスラボシリーズ マルチアクションフェースウォッシュの評価

アラミスラボシリーズ マルチアクションフェースウォッシュの評価になります。

オススメの肌質:脂性肌、混合肌、普通肌、乾燥肌

価格:
容量:
成分:
パッケージ:
使いやすさ:
洗浄力:
泡の弾力:
保湿力:
香り:
刺激性:

合計:39点 総合評価:A+

※価格は安さを評価しています。刺激性は、刺激の弱さを評価しています。

【元化粧品メーカー社員が選ぶ!】オススメ!メンズコスメ総合ランキング(男性用スキンケア)オススメ!メンズコスメ総合ランキング! こちらでは男性用化粧品、いわゆるメンズコスメを各カテゴリーに分けてオススメの総合ランキングを作...

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はアラミスラボシリーズからマルチアクションフェースウォッシュ(洗顔)を使ってみましたが、さすが高級ブランドのアラミスならではの質の高いスクラブ洗顔料でした!

価格は3,800円と高い部類に入りますが、アラミスの入門としては比較的ベーシックな洗顔ですのでテカリ、べたつき、毛穴の汚れの気になる方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。