肌タイプ

【男性必見!】肌タイプ別の理想のスキンケア方法は!?

今回は、男性の中でも肌状態、肌質が異なりますので、それぞれの肌タイプに合わせたスキンケア方法や注意すべき点をご紹介していきます。

もし、まだ自分の肌状態が分からない方がいましたら、下記の記事で自分の肌状態の目安を知ることができますので、ぜひ自分の肌が何タイプか理解した上でお読みください。

【男性必見!】理想のスキンケアの第一歩!まずは自分の肌タイプを知ろう!理想のスキンケアへ!まずは自分の肌タイプを知ろう! 今回は、自分の肌タイプを知ろう!ということで、男性の中でも人によって肌状態はそれぞ...

乾燥肌の特徴・スキンケア方法

乾燥肌の方の特徴、スキンケア方法や注意すべき点になります。

乾燥肌の方の特徴

乾燥肌の方は、やはり潤いが不足しています。

肌の水分と油分が足りておらず、肌のバリア機能が低下し、外的刺激(紫外線など)の影響を受けやすくなっています。

摩擦による刺激にも弱いため、スキンケア時に擦ることも注意が必要です。

スキンケアはできるだけ優しく行い、しっかり保湿することが大切です。

乾燥肌のための洗顔方法

乾燥肌の方は、洗顔で肌を擦ることは最もやってはいけないことになります。

泡を肌の上で転がすように、優しく洗います。

泡を長時間乗せた状態にしておくと、皮脂を取り過ぎてしまうこともありますので、時間を掛け過ぎないこともポイントです。

また洗い流す際は、肌の温度より低いぬるま湯で流します。

熱いお湯は皮脂を取り過ぎてしまうため、34度~36度くらいのぬるま湯で洗うことを心掛けましょう。

洗顔が終わった後、水分をタオルでふき取る際も、擦らずやさしく押さえて拭き取りましょう。

乾燥肌のための化粧水方法

乾燥肌の方は、適量より多めの化粧水量を使って、しっかり保湿を行いましょう。

一気に大量につけるのではなく、数回に分けてつける方が肌なじみは良くなります。

額や頬は手の平で、目元や鼻の脇は指の腹を使って時間をゆっくり使いじっくり肌へ入れ込んであげましょう。

乾燥肌のための乳液方法

乳液まで使用している方は、化粧水後はできる限り、素早く乳液をつけて水分の蒸散を防ぎましょう。

手の平で、かるく温めてから使うと非常になじみが良くなります。

適量を数回に分けて、肌の奥に届けるように丁寧になじませてから乾燥が気になる部分を中心に重ね付けが理想です。

乾燥肌の方のまとめ

やはり乾燥肌な方は、少しやり過ぎなくらい保湿が必要です。

乳液までは使えない方もいらっしゃるかもしれませんが、せめて洗顔後の化粧水でたっぷりと保湿をしてあげてください。

特にカサつく時は、乳液洗顔もお勧めです。

乾いた肌に、500円玉2個分の位の乳液をなじませて、やさしくマッサージしぬるま湯で洗い落とすだけです。これにより皮脂汚れを落としながら、保湿することができます。

また週1回~2回程度のスペシャルケアとしてフェイスマスクを使って、集中保湿することも非常に効果的です。

混合肌の特徴・スキンケア方法

混合肌の方の特徴、スキンケア方法や注意すべき点になります。

混合肌の特徴

混合肌は、乾燥性脂性肌ともいい、額や鼻のテカリが気になる一方で、他の部分は乾燥しているなど、部分的に肌質が変わっている状態です。

水分のバランスが悪い男性に多くみられ、隠れた乾燥が原因の場合が多く、テカりは肌が潤いを逃さないように皮脂を分泌しているから発生しています。

混合肌のための洗顔方法

お湯の温度が高いと乾燥している部分が刺激を感じてしまうので、お湯の温度は肌の温度より低めの温度で、皮脂量の多くなりがちなTゾーンから泡を乗せて、乾燥しやすいUゾーンは泡を乗せている時間が長くなりすぎないように注意しましょう。

TゾーンとUゾーンのケア
Tゾーンは、皮脂分泌が盛んな額から鼻にかけての部分です。Uゾーンは乾燥しやすい頬や顎周りの部分になります。
混合肌は、Tゾーンの皮脂量が多く、ニキビができやすくUゾーンは生活習慣や髭剃りで荒れやすい特徴があります。

混合肌のための化粧水方法

混合肌は乾燥に気づきにくく保湿不足になりがちなので、顔全体の水分のバランスを整えることを意識して、顔の部位によって使用量を調節することがポイントです。

適量を数回に分けて、乾燥しやすい部分を中心に丁寧になじませていきましょう。

混合肌のための乳液方法

肌の潤いを逃さないように乳液でそれぞれの部位にあった保湿バリアを作ることも大切です。

まずは乾燥しやすい目元や口元部分から乗せ、テカりやすい頬や鼻部分は薄く膜を張るイメージで使用してください。
特に乾燥が気になる部分は重ね付けもおすすめです。

混合肌のまとめ

混合肌はテカりやすいTゾーンと乾燥しやすいUゾーンに分けて、スキンケアする必要があります。

特に乾燥が気になる部分には、化粧水をヒタヒタに含ませたコットンを3~4枚に薄く裂き、乾燥の気になる目元や頬などに5分ほど乗せて、放置しピンポイントで潤いチャージすることもオススメです。

コットンをはがした後は、再度乳液を使って仕上げの保湿をしましょう。

普通肌の特徴とスキンケア方法

普通肌の方の特徴、スキンケア方法や注意すべき点になります。

普通肌の特徴

普通肌は水分と油分のバランスがとれた理想的な肌状態です。

基本的には、肌トラブルが起こりづらく、血色や肌ツヤが良い健康的な状態です。

普通肌のための洗顔方法

泡立てネットでしっかり泡立てた泡で、肌をこすらないように優しく洗うのが洗顔の基本です。

ゴシゴシ擦る洗顔は、普通肌でも刺激になるので注意しましょう。

洗い流す際は、すすぎ残しやすい髪の生え際やアゴ周り、耳の裏側も注意して、残さず洗い落としましょう。

洗顔はしっかり泡立てよう!
特に肌トラブルがないと、洗顔もおろそかになりがちです。どんな肌質の人も、汚れや皮脂は肌表面に付着しているので、朝と夜2回、しっかりと泡立てた弾力のある泡で優しく洗い、肌を清潔な状態に保ちましょう。

普通肌のための化粧水方法

男性の肌はもともと水分バランスが悪いので、しっかりと水分補強をしましょう。

化粧水がなじんだ後は手の平で顔全体を包み込むように覆い、優しく10秒ほどハンドプレスするのが効果的です。

手を放した際に、肌が吸い付くよう感じがすれば潤いが浸透している証拠です。

普通肌のための乳液方法

基本的には、適量を毎日継続して使用することで、肌のコンディションを整えることを心掛けましょう。

ただし体調や季節の変化でテカりや乾燥が気になる場合は、肌状態に合わせて使用量を調整しましょう。

普通肌のまとめ

普通肌の方は、毎日のスキンケアでしっかりと今の肌状態をキープできるように、肌のメンテナンスを行いましょう。

肌トラブル予防を意識しよう!
肌質は、生活スタイルや環境によって変化しやすく、肌の調子が良いからと言って肌のメンテナンスを怠ると、季節や体調の変化で肌のコンディションが崩れる可能性があるので油断は禁物です。

上記に書いた基本的なケアを毎日継続することで、今の肌状態をキープしていきましょう。

脂性肌の特徴・スキンケア方法

脂性肌の方の特徴、スキンケア方法や注意すべき点になります。

脂性肌の特徴

脂性肌は、水分も油分も多いけど、特に油分(皮脂)の分泌が過剰で顔全体がベタついている状態です。

ストレスや生活習慣の乱れ、遺伝が原因の場合もあります。

肌のゴワつきや毛穴の開き、ニキビに繋がりやすいので要注意です。

脂性肌のための洗顔方法

テカりやベタつきが気になる場合でも、洗顔料を使った洗顔は1日2回までとしましょう。

過剰な洗浄はや、摩擦は逆に皮脂の分泌を促す原因になるので要注意です。ゴシゴシ擦らなくても、洗顔の泡が皮脂や汚れをきちんと溶かして落としてくれます。

脂性肌のための化粧水方法

大切なのは、洗顔後にすぐに化粧水をつけることです。

洗顔後に長時間放置すると、肌の内側が乾燥し、過剰に皮脂が出る原因となってしまいます。

またパンパン音が出るくらいの力で叩き込んだり、強くこすることも、皮脂分泌を活性する原因になるので要注意です。

脂性肌のための乳液方法

脂性肌の方は、油分のバランスを整えることを意識して、乳液で薄い皮脂膜を作ることで、皮脂の過剰分泌を防ぎましょう。

ただし、与える油分が多すぎるとベタつきを感じやすいので、適量よりもやや少なめの量でOK。化粧水がしっかり浸透した後に、薄くなじませましょう。

脂性肌のまとめ

脂性肌の方は、余分な油分を取り除き、水分を補うことが必要です。

特に、洗顔のしすぎやゴシゴシ洗いは要注意でベタつきが気になる方が陥りやすいのは、刺激の強い洗顔で洗いすぎることです。

過剰な洗顔や、摩擦で傷ついた肌は、バリア機能が低下し、外気や紫外線などの刺激から守ろうとして、より皮脂分泌を促進する恐れがあります。

また日中のテカリは、軽くティッシュでOFFしましょう。

ティッシュ1枚をテカリが気になる部分に乗せ、軽く押さえる程度にしましょう。ゴシゴシ擦らずに優しく行うことがコツです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

スキンケアの基本は、水分と油分のバランスを整えることですが、やはり肌状態それぞれに合わせて、スキンケア方法少しずつ変える必要があります。

もし、スキンケアで使用するアイテムに迷われている方は、バルクオムの洗顔・化粧水がオススメです。

今なら500円から始められるので、ぜひ下記の記事も参考にしてみて下さい。

https://mt-mens-beauty.com/menscosme-bulkhomme